電脳エロ漫画島

電子書籍系エロ漫画を作家別でまとめて紹介・レビューするサイトです。

「ヒミツの特別業務(単話)」奏亜希子の作品紹介

   

ヒミツの特別業務(単話)

ヒミツの特別業務(単話)

作家: 奏亜希子
ジャンル: 単話 OL フェラ めがね 処女 先行販売 aff対応

「立ち読み」ページで読む

【あらすじ】
西田久美は新卒で入社したての新人社員。学生時代のぼっち生活が染み付いていて、見た目からして根暗でコミュ障、典型的ないじめられっ子体質である。
そんな彼女も、入社後総務部に配属された。人とのコミュニケーションが苦手な久美は、うまくやっていけるのか不安だらけである。
今日もひとりで便所飯しながら、久美はため息をついていた。
「ま、いっか すっきりして午後も頑張ろ!」
食事を終え、恒例のオナニータイムに突入。
「はあ…みんな、私がここでこんなエッチな事してるなんて思いもしないよね…そう思うと興奮しちゃう…」
久美はそのまま行為に耽っていたのだが、同じ部署の先輩、早川梨杏がやって来て、物陰に押し込まれる。
「ここでしばらくおとなしくしてて。無事に帰りたいなら物音を立てたり声を出したりしちゃダメよ」
久美が物陰で息を潜めていると、やがて男3人がやってきて、梨杏と乱交し始めた。
「早川さん すごい…あんなに美味しそうに…」
久美は目の前で繰り広げられる一部始終に目を奪われ、いつの間にかふらふらと近くまで寄って来てしまい、男たちに気付かれてしまう。
「…あーあ、出て来ちゃったの? 忠告したのにー」
久美は男たちに囲まれ、無事では帰れないことを悟る。
男女5人での乱交が始まった……。

⇒⇒⇒ いますぐ「立ち読み」ページで読む

 - 奏亜希子 , , , , , ,